ホーム » 放送等 » SHOWROOM配信 (2019/5/2)

SHOWROOM配信 (2019/5/2)

配信前

  • 2018/5/1 のツイート:明日はるな氏デビュー7周年の日 明日5月2日の20時から久々にSHOWROOMを配信するよ\\\\٩( ‘ω’ )و ////是非ご覧ください!!!
2019/5/2のツイート:本日、デビュー7周年を迎えました!いつも応援してくれているるな充のみんな、本当に本当にありがとう!みんなの存在がわたしの原動力になっています。これからもずっと一緒にるな充しようね!!!るな充最高〜!🌙💫✨
2019/5/2のツイート:そしてまもなく20時から久々にSHOWROOMを配信します\\\\٩( ‘ω’ )و ////是非ご覧ください!!!!!!
  • 2019/5/2のツイート:音声トラブルが発生してしまった為、SHOWROOMの配信を一旦中断しております、、、!復旧までしばらくお待ちください ごめんなさい

内容の概要

  • (音が出ないトラブル。10分間ぐらい。)
    始まっている?改めまして,春奈るなです。わー。5か月ぶりのSHOWROOM,ということで,音声の方でトラブルが生じてしまいました。申し訳ございません。マネさんとるな氏の2人お送りしている。そういうトラブルが多々ある。申し訳ございませんでした。
    5カ月ブランクがあるとドキドキしてしまう。楽しんでお届けしたいと思います。
    5月2日ということで,デビュー7年目を迎えさせて頂きました。(丸7年)。7周年。今日で8年目がスタート。るな充とかスタッフに支えられ,8年目までやってきた。
    今までの軌跡を振り返る。リリースした作品の数が20作品だった。アー写と共に,その20作品を振り返る。
  • プレデビューの楽曲。微熱の月。リスアニの付録のCD。ここからツインテールのイメージを押し出していく始まり。ツインテールのボリューム感がすごい。るな充の間でもすごい人気のある楽曲。ライブのスタートにこの楽曲を持ってくることもある。シングル以外でも人気の曲があるというのがすごく有難いこと。有難うございます。このときいくつ何だろうね。21歳。あっという間だよ。あっという間というのは日々が充実していること。これが紙面。リスアニさんに取材をして頂いた。これからどんなアーティストになっていきたいかとか。そういうことを語った。このときは,右も左もわからない。取材のQ&Aを答えるのにもドギマギする。学校で発言するタイプの子ではなかったので。聞かれたことに発言するのにドキドキ感を感じる。初々しいるな氏の取材。インタビューが見れる記事。アニメイトさんには,過去ログが売っている。(新人の頃自信ありましたか。)なかった。デビューさせて頂いたことはものすごくうれしかった。続けていけるかなみたいな緊張感というか,重圧を感じていた。ドキドキ感もあったけど,ワクワク感の方が勝っていた。自信というより希望に満ち溢れていた。いろんなこと思い出す。
  • これぞデビューシングル。5月2日,7年前のこの日。空は高く風は歌う。顔がほぼ見えなくない。ツインテールしているけれど,ミステリアスな感じを押し出す。KERAの田中さんに衣装を組んで頂いた。一番るな氏らしい。この衣装,るな氏らしいプラスカッコいいと思っている。FateのGrand Orderのフェスで着た。去年だったか。入るかなとか不安があった。体形維持できている。きちんと入りました。ジッパーも上がりましたし。襟がぐちゃぐちゃになっていて,マネさんと直した。前の担当さんが洗濯機にかけちゃった。その時から,型崩れが起きていた。ビヨンビヨンに伸びていた。どこからの機会で着れたらいい。この先ワンマンとか。歴代の衣装を着る。
  • Overflyですね。懐かしい。今の服の色味に似ていない?似ている。おとといエミキューさんで買ってきたワンピース。一応,黄色にブラウンがミックスされている。実際見たことないでしょう。Overflyのリリイベでは,サブの衣装でやってた。スタイリストさんがいないと着ることがきない。コルセットの中にスカートとフリフリをいい感じに出す。難しくて。ライブとかリリイベで着たことがない。見せられる機会があればいい。サブの衣装が気に入っていた。アニサマこそ,それで出ろよという感じ。まだある?買い取ったはずだよね。(右のベロベロが残っていて,何だろうと思った。多分Overflyの腰から出ているベロベロ。)フルセットで見つかったら,どっかの機会で。みんな見ていないから,360度見てもらえるように,探し出しましょう。
  • 君がくれた世界。ここから,イメージがまたガラッと変わる。楽曲のコンセプトも等身大の春奈るなを押し出してい行きましょうという風潮に変わった。アニソンアニソンした楽曲だけじゃなくて,春奈るならしさみたいなものを楽曲の中に取り入れていく。君がくれた世界をリリースした。めちゃくちゃ歌詞もいい。結婚式ソング。木村カエラさんのバタフライに並ぶ。現実逃避ばっかりしてたけど,世界を彩ってくれたのは君でした。あなたとの出会いに感謝する。
    • (お葬式にかけたいって。)この楽曲を聴きながら天に昇っていくわけか。(妹が結婚するから使ってもらうって。)るな充同士で結婚してたりとかさー。おめでたい話をいろんなところから聞くので。AKBのたかみなさんが結婚するという報道を見た。結婚する際には,君がくれた世界をかけて頂きたい。リア充,そんなにるな充の中にいないしね。(ライブの最後の方に使うことが多い。)アニバーサリー的な時に使う。最後の方にかける。あなたに出会えたことに感謝。るな充もそうなので。終盤に使わせて頂くことが多い。どんな世代にも刺さる楽曲なんじゃないですか。それっぽいことを言ってみた。(アニソンじゃない。)アニソンじゃないんですが。結婚式で使ってください。(感謝を伝えたいときと。)感謝を伝いたいときとか。結婚式する人,るな氏のこと呼んでよ。歌いに行くからね。リア充の幸せをねちょっと見てみた。これからの結婚考えている方は,呼んでください。是非ね,スペースクラフトプロデュースまでお願いします。
  • アイヲウタエ。懐かしいな。ポップでロック。これまでシリアスチックな楽曲が多かった中で,アイヲウタエだったんで。ライブが苦労した。それまで動かなかった。手の動きで成立した。アイヲウタエは,タテノリではいはいという感じ。とまどいがあった。どうゆう風にタテノリすればいいか,わからない自分がいた。足のステップの取り方がわからない。音楽に歌っている本人が置いていかれちゃてる。(みんなジャンプしている。)星を投げると。はいはいはいという感じ。めっちゃ可愛い。これで新しい自分に出会えたんじゃないかな。本当にその通りなんですよね。みんなと一緒に盛り上がるていうことがこんなに楽しいのかということを実感する瞬間でもあった。戸惑いもあったが,ロックというかポップを歌う魅力を気づかせてくれたのがこの楽曲だった。自分にとって感慨深い楽曲。タイトルコールしたり,イントロが流れると,ウォーってなるじゃないですか。イントロなかったっけ。(イントロない。)歌始まりなんだけど,ライブでは,カンカン,カンカンカンカンとなる。それを聞くと,ザワってなってくれる。これからもライブの中で育てていきたい楽曲。
  • OVERSKYですね。ファーストアルバム。前髪が短い。撮影の2日間に,何を血迷ったか。美容室で眉毛ぐらいの長さにした。当日,えーなんでそんなに短くなっているの。スタッフが焦り始めて。なんとか伸ばしてもらった。ストレートアイロンで。前髪の毛先が行き場を失って広がっている。ほうきみたいになっている。(ほうきって発音おかしいよね。)これがトラウマになっている。いろいろな方にご迷惑をおかけした。これはこれでいいんじゃない。ブックレットも華やかな衣装を着させて頂いている。タイトルもOverflyを彷彿させるものがいいねということで。もっともっと,空の向こうへ。
  • アイヲウタエじゃない。やべー。snowdrop ですよ。ここから一気に髪を下ろしてみたり。カジュアルなロリータっぽくない衣装を着た。みんな驚くよね。いきなり脱ビジュしたみたいな。すごい,バラードの楽曲なので。初バラードと言ってかまわない。セットリストを組みやすい。いろんな思い出がある。2~3年前のリスアニライブでやらかした。2番のサビ前,もろ歌詞間違えた。(よくお間違えになっている。)うそですよね。(インドネシアでも間違えになられましたよね。)ワンマンで間違えたことは一回もない。間違えてから,作詞作曲が始まる。歌詞もメロディラインをはみ出してきた。この楽曲は作詞作曲をオリジナルでさせてもらって,オリジナルのsnowdropを披露させて頂いた。バラードなのでボーカルの音を上げてもらってた。るな氏の編曲が響き渡ってよかったねという話。(編曲じゃない。)これ覚えいている人いる。いろいろあったんですよ。それ以来,snowdropは間違えないほう。歌詞を覚えることを頑張って行く。永遠の課題。(記憶力が落ちてるんじゃない。)書いて覚えたり。
  • るなテッィクワード。前髪が付いているという感じが懐かしい。シルクっぽい,さてんっぽい。けっこうこれ着たな。FCのテーマ,るな充をイメージして作詞した。るな充とるな氏の合言葉になればいいという。タイトル候補として,夢の旗とか,ムーンフラッグとかスターフラッグとか。これからもいつまでいっしょだよが,合言葉になればいいということで,るなテッィクワード。めちゃくちゃ歌うのが難しい。高い所と裏声になるところがつながっている。まだまだ,伸びしろがあるということ。歌の面でもスキルアップしていきたいな。この曲を歌うたびにすごく思う。成長していきたいですよ。
    Startearですね。懐かしい。SAOIIのエンディングテーマ。海外から帰って来てからすぐの撮影。長期行ってた。ドイツだったけ。いろんな人に,るな氏痩せたねって言われた。バラードベースになっているけどのれる。ツイッターで,るな氏はバラードでも乗れる楽曲があって面白いねというのがあった。サビ前,ふっふぅふー。(作詞は共作?)1番はSakuさんで,2番は私が書いた。シナリオとかラノベを読んで描かせて頂いた。シノンが題材。懸命に強くなろうとしている。怖さを押し殺して。叫びだったり。そういうものを表現したくてね。表題曲で歌詞を書かせてもらったのは初めて。物になっているものとしては,ルナティックワードの方が先。(アニソンで作詞をしたのがこれが最初。)めちゃくちゃ緊張しますよ。アニメの世界観を生かしながら書きたいじゃないですか。タイトルもぎりぎりに決まった。
  • 君色シグナル。ここからポニーテールが始まった。ここからポニー続く。スタッフに下唇を噛むというブームがあった。雑誌とかにも結構あった。学校で撮った。実在の学校。スタジオとして使える学校の図書館。制服感が出る。青春ポップきゅんきゅんみたいな路線が始まった。(冴えカノのオープニング。)空高知っている人は,へーとなるよね。実はこういう曲を歌える。(作詞共作。)2番から。すごい乗ってくれる楽曲。るな氏の代表曲の1曲。フェスでも歌うことが多い。(客席が待ってた感。Overfly。高く,ハイ。)これ振りもあるしね。いい曲だよ。君色シグナル。フェスは,君シグ,Overfly,アイヲウタエが多い。
  • Candy Lipsですね。懐かしい。めっちゃぶりっ子やん。撮影の時に,アヒル口にして下さいという要望があった。やり方がわかなかった。結果はどうでしょうか。(辛い物を食べたら口痛いです。)ディスリだよそれ。そう言われれば,そう見えてきた。これで,ポップ路線に行った。るな氏のキスマーク入りポストカード。特典用のキスマークを取らなくてはいけない。壁に紙を当ててチュッとして,型をとる。(需要あるのそれ。)需要あるのかなと思いながら。めっちゃ恥ずかしかった。手渡しだった。そんあイベントもあった。ライブで初めてうちわをつくったりとか。このころは,バンドなしのオケで,セットとるな氏。オケでライブすると,早替えが大変。衣装チェンジをした。春奈るな体操が生まれ。ラッキー池田さんに作ってもらった。けらっけっけっけっ。(混ぜるな危険。あんまり頑張るな。)歌じゃない歌。
  • Dreamer この辺から,マネさんいた?(いた。担当ではございませんでした。)このアー写気に入っている。ポップさと,大人ぽっさと,おしゃれ感がマッチしている。内容は闇に紛れている。リア充に負けるんじゃないぞ。妄想クリスマスを楽しめちゃう闇の深いアルバム。るな充に元気を与えたアルバム。MVも面白い。モンスターチックな格好しているみなさんに溶け込んだ。ライブも演技を入れたり,凝ったライブになっていた。マネさんいました?(プレジャー,プレジャー。)昼夜やったやつ。(受付に居ました。本編が始まったらお弁当食べてた。サンタさんとお弁当食べてる部屋でいっしょになった。)このころボーイフレンド(仮)にはまっていた。(表題曲以外も,名曲ぞろい。)別次元ラブ。(ユキノミチ。)Lightless。このアルバムもコンセプトをこだわっている。ストーリー仕立てになっている。クリスマス近くになったら毎日聴いてほしい。クリスマス毎年あるじゃん。キラキラした光に当たられて気がおかしくならないように,リア充のるな充の方にこの楽曲は聴いてほしいですね。今年もやろうねクリスマスシーズンのイベント。ないと,おかしくなっちゃう。
  • Ripple Effectですね。夏感が出る。横須賀で撮った。MVとジャケ写をいっしょに撮った。MVを待機している時間に,アー写をとった。大人っぽいよね。大人なんだけど。前髪をウエッティーな感じ。ゆるふわの感じ。ポニーテール。(もう一着はセーラワンピース。)した目ツインの帽子。三笠で撮影をした。ZAQさんの作曲。(横須賀の方にお邪魔した。)三笠だって2,3回乗った。ハウススタジオには猫もいっぱいいた。幸せ空間で撮影ができた。
  • Windiaでございます。羽が待っている感じで。(SAOのゲームのオープニング)シリアス調ということもあって,クールに決めた。コルセットもかわいい。ドアノブみたいのが。これ着てライブもやった。(肩だし,この当時最先端。)オフショル。(今,多い。街を歩いている人も来ている。)Two Aliceさんもオフショルのロリータのワンピース。カーキを選んだことがなかった。(Tシャツもカーキ。)男の子とTシャツは着やすかった。それまでは,ポップ系の色が多かった。リリイベの時に来てくれる人が多い。(私が衣装に合わせてカーキーを推した。)成功だった。るな充が着てくれるというのが正解。
  • Soul World EP コンセプトコラボアルバム。これもすごい豪華。三澤紗千香ちゃん,戸松さん。AKIRAちゃん。(リカちゃんだけ言っていない。)リカピッピ,リカピッピ。Purple Loveがソロバージョンを歌うことが増えてきちゃった。真山りかちゃんといっしょした。オタク人生あっぱれ。普段は1人でレコーディング。誰かが歌っている姿を見ることがなかった。刺激になった。こういう録り方,歌い方をしてみようとか。レコーディングになると歌の輪郭がはっきりしてくる。有難いなという気持ちになった。アルバムを完成させるために集まって下さった。5周年のライブに来て下さった。戸松さんと紗千香ちゃんの歌が歌えていない。全力INGと七色の未来。(全力ING一人で歌えば歌える。るな氏のために用意した曲。ストックだった。コラボアルバムのために歌い分けを後から作った。一人で歌える。)るな充がガッカリしないか心配。何かが足りないぞ。そういうところは,音を足したりとか。(2曲とも優しい方ばっかり。)有難すぎて,人の優しさに触れました。(KOTOKOさんは他のライブで一緒した。戸松さんもイベントで。)去年のZepp東京のハルカウエノ世界で読んで頂いた。つながりというか,有難いですね。
  • ステラブリーズ。これは歌詞が難産。アニメの楽曲で初めて全部誌を書かせて頂いた。2か月かかっちゃった。想像して,4拍の中に入れなくてはいけない。それを矛盾があったらいけないから,つじつまが合うように並び替える。年が明け。(5月3日にリリース。)明日か。(世界観があって,それが知らない人でも。代弁しちゃった。)冴えカノを知らない人でも,刺さるワードを入れた。12月に描き始めてたけど,2月になった。急いで,RECして。(撮影も,ソニー香港でライブして,翌月シンガポールでライブして,その合間だった。盛大な風邪をひいてしまった。)シンガポールでそれを引きずってしまった。(寒かった。)Tシャツで生足まで出させられて。それに,風待ちしたじゃん。(いい風が吹くのを待っていた。シーツがハタハタとなると,風来た,風来ました。)風が寒い。わざわざそれにあたらなくてはいけない。アー写を決めるのも大変だった。結局,るな氏はこれがイイということになって。顔が斜めになった。おしゃれ角度。(朝起きたらコーヒーを入れるふう。)そんなことしないけれどもね。(冷蔵庫をのぞき込んだり,ドアからひょこりがバランス的にできなくて,マネさんが後ろから体を支えていた。)写真の夢がぶっ壊れるやつだ。この後ろにはマネさんが隠れているのかって。MVのシーツも人が揺らしている。(棒で揺らしている。)ある意味,人の手が込んでいる。(撮りたい絵がはっきりしていた。CDも高い台にポツンと乗って)高さがないと空が写らない。足元には毛布を巻いて。(カットとかかると,みんなが寄ってきて,毛布をまいた。)これが2年前。
  • LUNARIUM (が入った)おしゃれアルバム。人魚をイメージをして。タイトルが,ルナティックシアター,ムーンライトなんちゃらかんちゃら。(いろんな物語。)ルナティックアクアリウムだ。造語を作った。(確定したのはハワイの入国審査街の列で決めた。)口頭でやってた。(フォトブック。浜辺で LUNARIUM。)水着でとった。この衣装も可愛いよね。このままだとうろこが落ちる。(うろこで腕が切れる。)ワンマン中に踏んだ。ワーとなった時,立ち上がろうとしたら,立ち上がれない。チュールを付けてもらって,うろこが落ちるのは防止できた。(Windiaの大阪。アンコールで出ていくときに転んだ。みんな大笑いしていた。)大阪公演を終わって弁当を食べてお腹が痛くなった。(ライブハウスギューギューだったから前の人しか見えない。)太田胃散いっぱい飲んだよ。ライブはすきっ腹。お腹にものが入っていると,声がこもる気がする。お腹にものを入れないで,レッドブルとか飲んでエネルギーを高めて,気力を上げライブをやる。ライブが終わると,お腹がすいたとなる。唐揚げ弁当を食べた。米がここにある感じがわかる。胃が痛たくてしょうがなくて,返れるか心配だった。太田胃散を常備するようになった。
  • キラメキ☆ライフライン。一昨年の11月。声優デビューさせて頂いたURAHARAのエンディングテーマ。宇宙人ぽい。レトロフィーチャー。(スカートの白いところが,透ける素材。)中に履いているものが丸見え。パンツが丸見え。フリルパンツが見ている。後ろに照明を置いている。後光が差している。スカートからも光が漏れている。近未来感。おしゃれ。おへそとか出ていると,ライブやっていても,開放的になる。露出している分。何を言っているかわからない。(お腹が出ている衣装では,お腹が痛いという。)このときは,プレゼントに腹巻をもって来てくれてて,一松の腹巻が3枚ある。これでリリイベとか強いでしょう。(冬だった。)日常的にお腹が痛くなる。普通は出さないでしょう。パリピは出している人もいるけれど。すごいと思う。強靭たる腹をしている。腹痛の戦い。2度目だよね。Ripple Effectの衣装。デザイン画描いてみていい。へそを出した。(2着とも出さなくても良かったんじゃない。)こだわりがあったんじゃないかな。ましろんはいつも出していますが。素晴らしいよね。ましろん。腹筋もバキバキ。出した方がいい。(細いし。)細いし割れているし。るな氏は,お腹痛いし,冷えるし,隠さないと。寝るときはキャミソールでお腹しまって寝ている。
  • 眼圧がすごい。JUSTICE。誰だこれ。去年,配信限定。(Fate Extella Link)テラリン。誰だレベルで違う。ビビる。おでこと眉毛は封印していた。出したくないわけではなく,タイミングなかった。(まゆがきりっとしている。)もう少し,眉尻ほしかった。まゆげはちゃんと書いている。眉マスカラしている。眉じり作ろうねというというこだわりがある。このアー写,眉尻がない。(力強さを表現した。)そう。(配信曲だから,真四角しかない。)私の顔はこれというのが多い。イベントの写真で私だけ顔をだけしかない。(出演者は並んでいる中で顔しかない。)ここ最近はそんな感じ。(KIRAMEKI☆ライフラインから衣装さんが変わった。)それまでとはテイストが変わった。このJUSTICEの衣装は攻めていた。タイヤの素材でできいた。(通風性がない。)夏場撮影してたら,どうなってたかわからない。(MVを廃墟で撮影した。メジャーな廃墟。)サバゲーでも使われる。(ASCAちゃんとか,AKIRAちゃん,LiSAさん。)Ashがそう。ご用達廃墟。怖かったよー。(2階建てだから,1階で撮ったり,2階で撮ったり,らせん階段で撮ったり。)上いるとき,1階が無人になる。ロケバスに戻る道のりが怖い。美術館の跡地。(トリックアート美術館の跡地)お手洗いがない。水がない。コンビニに行ったり。こんなタイヤの衣装でコンビニに行ったのがすごい。今までにない,インパクトのある,カッコイイ,MVができた。MVがいい流れ。(監督さんがすばらしかった。)撮りたいものが見えていて,つぎはこうこうこうこう。(無駄な撮影はほとんどない。)シーンを全部を使った。(外からの光は照明さんが作った。プロの仕事を見たという感じ。)人工太陽。神々しい光。一瞬教会ぽく見える。聖なる空間。言霊がるな氏の口から出ているように見える。
  • 桃色タイフーン。ピンクやなー。(肩出している。)リボンが大きい。眼圧がすごい。海外にも着ていきたい。(浴衣の感じ。ゆらぎ荘のゆうなさん。温泉旅館。)ハイパー浴衣という名前が付いていた。着物生地みたいになっている。繊細なところまで,作りこまれている。そでに組みひもが付いている。和装ぽくなっている。スカートの丈間がよかった。(短くしすぎたかな,と思いました。)今更。(2cmぐらい長くてもよかった。)るな氏の衣装はスカートをどんだけ短くするかじゃん。そういう風潮がある。まさかの短すぎる。(スタイリストさんはこれでも短いといった。それでも,もうちょっと。)中にチュールを入れている。だから,短く見える。絶対領域。(スタイリストさんが中が見れることを心配した。アニサマの舞台は見えるので,見せる感じで。)見せに行きました。1~2センチで印象が変わる。
  • ラスト。LUNAJOULEでございます。去年のるな氏。だいぶ大人っぽくなりました。オシャンティー。嬉しかった。ベストを出させてもらえるというのは。曲数を出させてもらえたから。デビュー当時は曲数の足りなくて,同じ曲をテレビサイズとフルで歌ったり,カバーもしていた。デビュー当時は想像もできなかった。このアー写いいよね。(自画自賛)スタイリッシュで。これで,JUSTICEのMVのフルがこのアルバムで観れる。いろいろな世界観を楽しめる。思いでのアルバム。嬉しい。本当にありがたい。タイトルは悩んだ。(略してるな充になるタイトルにしたいと言って。)最初は,るなティックジュークボックス(ルナティックという言葉は良くない。英語圏の人に言うと,その言葉はやばいと。)狂ってる。ルナチックが正しい。るなティックワードとか大変なことになる。ジュークボックスっておしゃれ。曲をガチャンガチャンと回している。(手が,ガチャを引く手になっている。)ジュークボックスだと,世代間が80年代だとか。(アメリカ。)偏ってしまう。るな氏がバニーっぽい格好をしていて,そこにジュークボックスがある。ベストっぽくないな。るな充からエネルギーをもらって,るな充のエネルギーになってればいいなという思い。いいタイトル。イザークジュールさんと結婚したんですか。(そんなことを言った人がいた。)塚田さん。(忠昭さん?)ステラブリーズとかいろいろ曲を作って下さった。(やさしい人ですね。)イザークさんとはい結婚しました。(キミノテが入ってる。)伊藤彩さん。中2か中3.(キミノテという曲が,Webラジオの曲。それの担当だった人に会った。ファンタジアアニバーサリーライブ。お疲れ様です。覚えていますか。)難波江さん。(当時担当していた私のことを覚えていますか。)ザスニーカーを編集していた。もう一人女性の方は編集に立ち会ったと言って下さった。スニーカー文庫。ハルヒもそう。それをお渡しすることができる。(このディスクに入れさせて頂いたんです。)引き合わせみたいのものを感じた。いろんな人に支えられて,7年間を迎えさせて頂いた。(2時間しゃべっている。)
  • 20作品か。最初は,CDが世の中に出るというのが,信じられなかった。話すことに夢中でコメントを拾えていない。ごめんなさい。メキシコの方だ。
  • 教えてるな氏をやろう。(3問ぐらい。)
    • 令和初のご飯。思い出せない。スパゲティとラザニア。昨日はマッサージとかいろいろ行った。(おっさんじゃないですか。令和初日にマッサージ。)令和初日をすっきりとした体で迎える。(マネさんも整体に行った。)この3~4日,頭が痛かった。右の首から痛みの根源が来ている。(寝すぎ。)スマフォの見過ぎ。夜,布団に入ってからも見る。YouTube。暗闇の中で観ている。(布団にはいったら寝ましょう。)あれ見なきゃとか,ふとんに入ってから思う。
      (何見てるのって。)幅広く見ている。はじめ社長の畑。ゲーム実況者。テレビにつないでみている。テレビ感覚で観ている。
    • 赤いアイシャドウ。ケイトの赤いやつ。バラがモチーフ。真ん中にシルバー。瞼の中央にハイライト系を置くと,目が真ん丸にみえる。赤いアイシャドウを新調した。(ケイトの後に。)後に。エレガンスのレッド。これがとてもよき。深めの赤。ドーリー系のメイクができる。発色も良い。赤を入れると目が大きく見える。膨張して見える。メイクの仕方が5年変わっていない。アイシャドウでイメージが変わる。次は緑をやってみたい。涼やかな目元になる。
    • 歯は大丈夫。いまちょうどヤバイ。親知らずが3本ある。右上は綺麗に生えてきた。抜かなくていい。左上がどんなふうに生えて来るかわからない。右下が生えてきそうで,痛い。歯医者にいかないと。(下の歯ははれちゃう。撮影とかできない。マネさんは上の親知らず両方とも抜いた。)斜めに生えてくる可能性がある。規則正しく生えてきてくれたら抜く必要はないかな。(顔が小さいんで,歯がせめぎあいだよ。こいつの口の中。悪くならないように。)上の歯は矯正した。学生のころ歯並びが良くなかったから。抜いたら変わるのかな。(抜くと,広々。)昨日マッサージ行ったとき,寝てるときに歯を食いしばっていますよと言われた。虫歯にならないように,気を付けます。シュミテクト,家に3個あった。ちゃんと使います。
  • たくさんのコメントありがとうございます。
  • (もういい時間。ワンマンライブ並みの時間。)ワンマントークライブ。7周年を迎えた。お知らせをしたいことがあります。
    • 今年も,6月7日に配信限定シングルを出す。タイトルは未定でございます。まだ,歌詞ができていない。レコーディングは来週。ヤベー。毎日,うなっている。(何回詩を書いた。)何個の詩を書いて,何回NGを出される。ワンコーラス分の詩を書くと,ワーとNGが来る。6月7日には出す。曲調は今までのるな氏の中ではあった?Jazzy。大人っぽい。おやって思えるような。新しいるな氏を聴いて見て頂ける。頑張って。(るなの日にちなんだ。)コンセプトは決まっている。素敵な楽曲になるように頑張っている。6月に何か出るとわかると嬉しい。るな氏は歌っているんだよということ。生存確認。(その先もいろいろある。)いっぱいあるけど。それは言ったら怒られる。プラス,るな氏の応援お願いします。冬眠していたよね。(たびたびお待たせしている。)これからもるな充していきたい。全然不安がる必要はない。
    • これはお知らせ済みですが,1年ぶりのマレーシア。(前回は,ペナン島。1アーティストの時間が長い。)日本から7~8時間。ニューヨークに比べれば。(リゾートとしても楽しめる。)めちゃくちゃ,楽しい。(カラオケを聴くために,イヤモニタをする。お客さんの声が聞こえにくい。片方を外す。)何かに乗る。それが聴こえてくる。(空は高く風歌うで大合唱。)これで盛り上がる。国々で違う。(幽奈さん,物語シリーズが難しい。妖怪。なかなか理解するのが難しいと言われる。)アニメ文化を受け入れて愛してもらているのを感じる。音楽を通して,令和初の海外。(令和初のライブ。)6月7日のシングルも令和初。ましろんも一緒。日本からも遊びに来て下さい。
  • るな氏7周年,いろいろと振り返ってきましたが,これからも,もっともっと,すてきな記憶を作っていきたい。アーティスト活動を,歌とかスキルとかアップしていきながら,歌を届けていたい。8年目もよろしくお願い致します。2時間20分,最後までお付き合いいただき,有難うございました。これからも,みんなでるな充しましょう。

配信後

2019/5/2のツイート:久々のSHOWROOM、ご覧いただきありがとうございました!たくさんのコメントもありがとう💫放送内でもお知らせしましたが、6月7日に配信限定シングルをリリースをさせていただきます!パンチ力強めの楽曲になりそうな予感!是非楽しみにしていてください!8年目も全力でるな充するぞーーー!

LINE BLOGへは下の画像をクリック。

るな氏関係のツイートの検索結果へのリンク(2018年夏からTwitter社が検索埋め込みをサポートしなくなったため,リンクにしました。)

Visits since June 3, 2016