ホーム » ラジオ » サブカルキングダムZ (2018/12/1)

サブカルキングダムZ (2018/12/1)

概要

  • タイトル:SCK(サブカルキングダムZ)
  • 主演コーナー:クルラポンテ
  • 放送局:ZIP-FM77.8
  • 放送日:2018/12/1
  • 放送時間:25:00-27:00
  • 出演者:
    • パーソナリティ:YO! YO! YOSUKE
    • ゲスト:春奈るな
  • ホームページ:https://zip-fm.co.jp/program/sck/

内容の概要

  • 生では来てくれたことはあったけれど,魔法で呼ぶのは初めてだよ。
    あれ,いま,板バック作ってたんだけど。ここどこ。あー王子。
    痛王子です。痛バックこんな時間に作ってるの。
    作ってます。深夜に,指を痛めながら。つめと肉の間がはがれながら。
    内職みたいな感じで。よなべやん。
  • 改めまして。
    春奈るなです。
    1年以上ぶり。去年の4月以来。生放送でなくなってからかなり経っている。天の声ではDグレの話をしてたっけ。
    よくわかってもらえたと思って。
    るなちゃんぐらいの世代では,グレで闇に落ちた子たちが,一定数いる。
    中二病を患う人が。
    何がいいの。
    世界観。私はジャンプから。世界観と服装,西洋みたいな感じ。
    線細井の苦手だった。Dグレは流し読み。
    えぐいんですよ。人間関係とか人間ドラマが激熱。
    王道というより,闇落ちする。陽キャラがインキャラになる振れ幅がすごい。
    そこからファッションに目覚めたりとか。中二病が海外した。
    ある意味Dグレの聖。原点だったんだ。
  • ファッションは好き。
    好きです。
    お気に入りの店があるの。
    原宿とか。
    原宿っぽい。色味が原宿。
  • 痛バッグ作ってんの。
    計5~6個つくる。イベントに行くために。おそ松の一松のキャラの3~4個。イナイレを2つ。イナイレ。なんで,今イナイレ。
    いま,新シリーズやってるんですよ。
    目をキラキラさせて。それこそ,Dグレとか,るな王道はいかないの。
    等身が低いものも好き。キッズ向けアニメ,妖怪ウォッチが好き。イナズマも好き。
    振れ幅半端ない。ラブライバーのキャラのバックみたいな。
    缶バッチが。
    タイルみたいに缶バッチ。
    まさにそれです。
    重くねというぐらいに,グッズがついている。
    ぬいぐるみとか,ラバストとか。
    あれはやってるの。
    やってます。もう好きすぎて。
    着せ替えするんじゃなくて,1個1個量産するの。
    私はそういうタイプ。グッズを増やして。
    奥とか飾るとかでなくて,痛バックにするというのがコレクションのが。
    大前提。
    推しが出なかったら,交換してもらったりとか。メルカリ先輩ですよ。買ったりとかできる。ツイッターで交換募集したりとか,オタクアカウント持っている。
    公開していいの,そういうの。春奈るなと分からないように。
    なっている。もちろん。
    DMでやりとりするの。成立するの。
    全然しますよ。
    怖いはおれ。
    今のところ,詐欺被害とかあったことない。恵まれている。
    メルカリとか企業通せばいいけど。ツイッター。いいかげんじゃん。
    みんな,推しに本気なんですよ,きっと。
    入場者特典,開封しないと中身がわからないのがある。会場出て。めっちゃ人がいる。座っている子たちがテーブルとかに,パターンを広げている。これが欲しいひと交換しますよ,そういうの,
    そう。まさにそう。私もその人種なんですけど。
    やっているの。
    やってます。やってます
    あんたアーティストよ。
    普通に,イベントの外とで。ケースに入れて,フリーマーケットみないな感じなっていて。交換してもらうというのをよくやっている。
    ベストを出しているわけじゃん。アーティストとして長年やってきているわけじゃん。アニソン界隈には顔が売れている。なぜその動きが納まらないの?顔をさらされるところにとか。群がるところに避け始める。
    本当はそうしないといけない。会場に来ているオタクたちと友達になりたいなりたいなと思う。
    アーティストの鏡やわ。共感値たまらないね。
    いろんな輪を広げていきたい。その場で知り合って,すごい盛り上がったりとか。
    オフ会とか行ったりするの。
    それはさすがになくて。ちょっと,悩んでいる。
    やめとけばいじゃない。
    やりますか。
    なんで,そっちに決意するの。
    面白うそうですよね。
    確かに,愛する人たちがそこにいる。
    共感する人がいるって,絶対素敵だなって憧れる。オタク同士の仲間がいっしょにイベントいってたりすると。
    ぼくの周りにいも,推しが一緒だと一緒にいくとか。
    本当は行きたい,オフ会とか,交流会とか。
    さすがに,レーベルとかマネージャーとか止められるでしょう。
    大丈夫ですか。ううんと言われちゃった。
    それはそうだろう。あんた,どっち側の人間やという。そこまでやっていたら,立派っていったらなんだけど。すごいよね。
    楽しくオタ活していまね。
    夜な夜な。痛バック作っている。
    今はイナズマが再熱してるんで,アフロディという中性的な男の子。そのキャラクタのイタバを作っている。イベントに持って行ったり。
    推しで,共通して言えるものってあるの。
    共通して言えるのは。中世的。少女めいた男の子みたいな。
    女々しいということ。
    おかっぱ。女々しいだと悪口になっちゃうんだけど。切なさとか儚さがにじみ出ているような
    女々しいということでしょう。
    女々しいということです。
    女の子が弱い弱い所が,母性みたいなところ。
    なんだけど,たまに男らしいところを見せると,そのギャップではーとなる。
    おそ松さんはだれだっけ。
    一松です。ここはすごい特殊で。
    いつも寡黙で。
    アンニュイな感じで。あれは,なんか目線に引かれた。
    別にるなちゃんに送ってないけどね,その目線。
    わたし,そういうの気にしちゃうタイプで。キャラクタの目線をすごいきにしちゃう。
    アニメの中での。
    キャラクタがカメラ目線でしゃべっていると,テレビ画面を直視できなくなっちゃって。ポスターとか張るとそのキャラクターの視線が気になって,見られている恥ずかしい。
    あこがれ。私生活が息苦しくなっちゃう。
    呪縛を感じる。視線を感じるの。
    見られてる恥ずかしい,みたいな。
    あこがれの人に私生活を見られるなんて恥ずかしいみたいな。着替えなんてもってのほか。
    無理。
    別の部屋までいくと。あんたの部屋やん。
    いずらくて,自分の部屋が。
    貼ってはいるんだ。
    貼ってはいます。謎の矛盾がどうしようもなく。
    矛盾でもなんでもないけどね。
  • そんなるなちゃんのベストアルバム。初めて。
    はい,初めて出させて頂きました
    JUNA JOULE。11/7日リリースになりました。初回限定版だけだっけ。
    2枚目が入っているのは,初回限定版だけ。
    2006年。伊藤彩。
    あー,キミノテ。初回盤に。
    春奈るなじゃないときのやつでしょう。
    伊藤彩という名前で活動してた時の楽曲を,セルフカバーという形で。だいぶロックテイストの楽曲に変わった。
    どうなの,12年前の自分の曲。改めて聞いてみて。
    激ムズでした。今まで歌ってきたどの曲よりレコーディングがハードで。
    今回のセルフカバーで,改めてやってとのこと。
    やって。中学生の時は,そんなに感じなかった。今回録って,えっ,難しくない,みたいな。
    アレンジが入って難しくなったというわけではなくて。
    じゃなくて。サビを何回も繰り返したり。エネルギッシュな楽曲。
    これを12年前に,伊藤彩さん余裕で歌ってたの。過去の自分に凄みを感じた。
    恥ずかしいとか照れるとか,コメントが来ると思ってた。まだまた青いなーとか。そういう,答えが返ってくるかと思ったら逆。
    逆でしたね。
    12年前の私リスペクトみたいな。
    ある意味肝が据わってたんですかね。
    いきおがね。何もないころだから,イケイケどんどんみたいな。12年間が今回のベストに詰まっている。10年を越えて。次,20年が見えてるくと思うんだけれども。
    春奈るなとしては,デビューして6年。10周年は。ちゃんと,活動を続けてきたい。アニメと共存して生きていたい。おばあちゃんいなっても,コミケ始発組みたいな。
  • コミケいっているの。
    行けてない。作品ごとのオンリーイベントのコミケとかは行けてる。夏冬は4~5年行けてない。
    変わってるだろうね。前は行ってたんだ。
    頻繁に行ってた。
    出店側はやってないの。
    やってないです。でも,サークルとして,同人誌の売り子をやってみたい。
    だめでしょう。首を縦には降らないと思うよ。
    売り子ぐらいならね。
    だめだろう。
    大丈夫だよね。マネさんなんで,なんでよー。
    そりゃーだめだろう。
    うっそー。
    同人サークルの売り子はあかんやろう。あんた,オフィシャル結構やってるんだから。
    私が描くのは無理なんで,だれかの作家さんのバイトとしてやとってもらって。
    買うだけにしなさいって。
    裏側を見てみた。売り子さんがどういう設営をして,組み立てて,売って,周りにどういう風に挨拶してるのかとか。
    虎視眈々と売ろとしているだろう。リサーチしようとしてますね。あっというまに10周年いくな。
  • ベストアルバム聴いてもらいたいところですが,1曲ここでお届けしたいと思います。曲紹介お願いします。
    それでは聴いてください。春奈るなで,Overfly オーケストラバージョン。
    (「Overfly -oche. ver.-」2コーラスからトーク)
    ちょっと大人になった楽曲が入っているのもいいですね。
    別アレンジで,まったく違う表情に変わりました。
    若いころは勢いがあったけど,逆に落ち着きをもって歌い直せるというのは今のキャリアだからですかね。
    ありがたいですね。こうやって,歌わせて頂いて。
    それが節目になるから。
  • るなちゃんと勝負していきたいと思います。洋介王子とおたわむれ。王子と戯れ,ポンテレポン。同じじゃ負けよ,ポンテレ。の後に,ポかンかテを同時に言う。同じものを言うと負け。違うものを言えば勝ち。違うものを言えば,来週もOverflyオーケストラバージョンをかけさせてもらいます。負けた場合は,サインを3つ国民のためにサインを3つ頂きます。
    王子と戯れ,ポンテレポン。同じじゃまけよ,ぽんてれ(王子:て,るな氏:ぽ)
    そろわんかった。
    「ん」じゃないと思った。Overflyかけさせていただきます。
  • 12月になにかやるの。
    12月8日にカレンダー発売イベントをやらせて頂きます。卓上と壁掛け。私服姿に近いるな氏が見れる。
    普通の人には衣装。
    ロリータチックの。
    ジャケ写といっても過言ではなくない。衣装と私服の境界線はどこにあるの。これは私服に近いんでしょう。衣装やって。普通の人には。
    今日着ているものも私服なんですけど。
    今日の装飾が,色味的にもはではででない。今日のはなんとなくわかるわ。カレンダーのは私服には近くないと思うよ。
    これにフリルとかラインストーンとかつくと,キラキラすると衣装になるという感じ。これは私の中では私服めかな。
    絶対にせいへんって。リボン多いな。
    リボン,ほぼ頭に乗っけてますよ。
    フリフリしすぎて,ふわってならないの。
    おしゃれはがまんです。
    リボンがくっついて。
    無駄に暑いのは感じる。
    そういうときどうしているの。
    必死に扇ぐしか。
    冬場がまんするのは良く聞くけど,夏場もがまんしてるんだね。
    夏はスカートの中に膨らませるパニエというもう1個のスカートがあるんですけど。わざわざ暈増しして暑くするという。
    なんで。ハーフパンツでいいやん。
    ズボンはほぼはかない。
    部屋着はどんなの。
    部屋着はもこもこ。
    長ズボンとちゃんと履くんだ。
    はい。
    安心したわ。どこまで意識高い経過と。家ではリラックスした状態なんだ。
    はい,ズボン。ルームウエア。
    カレンダーイベント。他には。
    12月16日にはファンクラブイベント。1月12日ファンタジアアニバーサリーライブ2019るな氏に会える機会がたくさんありますので,是非遊びに来てください。
    そうかラノベのイベントなんだ。東京はやるね。
    1年の中で年末が好きで。
    冬コミじゃなくて。
    紅白と行く年来る年を見るのがすごく好き。
    一般人か。
    そうです。一般人です。
    一般人の人,魔法で呼ばないわ。
    間違えて,呼ばれてきちゃいました。紅白と行く年と来る年を録画する。
    行く年と来る年を録画するの。
    無性に見たくなる時がある。心がすさんで疲れたとき。年末のワクワク感をよみがえさせるために見るといいんですよ。浄化される気がする。神社が出てくるじゃないですか。あれが浄化してくれる気がする。頻繁に見てる。
    頻繁に見るの。
    毎年更新する
    今年は,2017年の行く年くる年にだいぶお世話になったんだ。
    結構お世話になりました。
    他さがそうよ。他もある。凄いところに支えられているね。
    はい,いろんなところに支えられているね。
    年末,いろんな意味で楽しみに。
    頑張って,楽しみながら生きて行こうと思います。るな氏は,そろそろ痛バの製作にもどらないといけないので。
  • ごめんね,いろいろしゃべって頂いて。
    また,是非,呼んでください。しゃべり足りないけど,痛バを作らなくてはいけないから。
    ありがとうございました。
    有難うございました。帰るポンテ。

LINE BLOGへは下の画像をクリック。

るな氏関係のツイートの検索結果へのリンク(2018年夏からTwitter社が検索埋め込みをサポートしなくなったため,リンクにしました。)

Visits since June 3, 2016